ブログパーツ

AILE's SILENT AREA

AKB48チーム4・岡田奈々ちゃん推し
AILE's SILENT AREA TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?7

前から思ってたんだけど、このテンプレートだとタイトルが長いと確実に2行目が見えない(文字・背景ともに白な為)。比較的どうでもいいんだけど…いや、よくないか。
※というわけで、少しだけ緑色に染めてみたり。

そして今回もゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様のアニメ評価企画「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?7」に参加。むしろ個別で感想を書いていないので、企画に便乗させていただく形になるわけですが、まぁ今回もつらつらと書いていきますよ。

過去の参加記事
今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6
今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?5


以下に評価項目を引用。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。



今回評価する作品はこちら。
NEEDLESS
けんぷファー
にゃんこい!
聖剣の刀鍛冶
アスラクライン2
そらのおとしもの
WHITE ALBUM
うみねこのなく頃に


特に言及が無い限り、原作にはノータッチ。まぁ普段から漫画やラノベは読まないんで、原作から入ること自体ほとんどない感じですね。大体は音楽とか声優とかから見てます。
あ、ちなみにいつもそうなんだけど、順番は最終回を見終わった順です。


■NEEDLESS(評価:B)
キッカケは1期OPのグラロデですね。U局としては珍しくチバテレビでの放送が無かったので苦戦しました。とりあえず1クール目は最速のMXを使って、2クール目からはけんぷファーとモロ被りなので6日遅れのTVKに移動。

ストーリー:4
序盤から終盤まできっちりとまとまっていたと思います。回想編(まぁ、厳密には回想じゃないけど)の入る場所も上手かったし、構成的には◎。しかし終盤の山場であろう左天の下りは中の人でネタバレされたような形になってしまった。他の声優さんなら気にも止めなかっただろうけど、きーやんだったのでつい。

キャラクター性:4
敵味方共に濃いキャラクターが揃っていたけど、潰し合うこと無く生かされていたかなと。バトル物は終盤になると捨てられがちなキャラがいるけれども、この作品はそもそもクルスが非戦闘員なのでその点は上手くできていたかなと思います。

画:4
原作の表紙を見た感じ、かなり近いイメージで描けているのでこれは素晴らしい事なんじゃなかろうか。
途中、やたら線が目立つ場面があったけれど、結局あれは演出だったのだろうか?

演出:3
技名が派手に出るあの演出も、最初はどうかと思ってたけど結局慣れました。
ノリって大事ですね。

音楽:5
OP2曲含めBGM等も、飯塚さんのギターが光っていたということで最高点。特に1クール目のOPはグラロデということもあって個人的には大好きです。EDも別の意味で光っていました

総合的な評価:4
最近はバトル物(競技やスポーツ等では無く、直接的な)アニメも見てなかったのでその点では新鮮味があったという感じでしょうか。終わり方も今期のほうではスッキリしたほうだし中々良作だったんじゃないかなと。

合計:24


■けんぷファー(評価:D)
キッカケはもちろん臓物組の中の人。まぁこんな理由で見始めた人は結構いるんじゃないでしょうか。その時点で一定の成果は得られたということでしょう…

ストーリー:2
あって無いようなモノ…というのは褒め言葉では無くて。結局何がしたいのかわからないままどこかへ飛んでいってしまった。学園ラブコメとしても中途半端だし…でもまぁ、逆の意味で突っ切ってくれたのでそれはそれで良し。

キャラクター性:2
変身後の紅音が良すぎる!…というのはほっちゃんの力も大きいのですが、出番が戦闘シーンだけで他のストーリーに絡めてないのは惜しかった。他のキャラは特に印象にも残ってないので。

画:3
可も無く不可も無く。ときおりおかしい動き(特にEDは秀逸)があったけれどもぶっ飛んだストーリーのおかげでそれすらネタに出来た感じもあるから問題無かったんじゃなかろうか。

演出:2
臓物アニマルの中の人達に関しては最初は楽しかったけど最終的にはどうでも、という感じ。ただ原作からして「○○のような声」って書いてあるらしいし、それをしっかりキャスティングしたとなると褒めるしか無いでしょう。ほっちゃん&ゆかりんの掛け合いなんてのはそうそうお目にかかれるモノじゃないし。

音楽:3
特筆すべき所は無し。ただOPもEDも耳には残っている感じなのでハズレでは無かったと思います。うーん…

総合的な評価:2
結局は「ネタアニメ」の域を出なかったですね。まぁ最初からそれを狙ってるのかもしれないけど、最近はネタやパロで攻める風潮じゃないと思っているので、時期が悪かったんですかね。でも「評価する」と点数は低いですが、個人的には最後まで「楽しんで」見れたのでそれなりに好きでしたよ。

合計:14


■にゃんこい!(評価:A)
キッカケは特に無し。単にけんぷファーの後だったから見始めたわけですが…中々どうして当たりでしたね。特に双子が出てからはこっちメインで木曜日が楽しみになってました。

ストーリー:4
猫の呪いと学園ラブコメ、いい具合にマッチしていたと思います。
どの話も面白くてまぁいわゆる「捨て回」が無い。途中ちょっと失速しそうな場面もいくつかあった感じですが、他の要素で十分カバーできていたんじゃないかなと思います。

キャラクター性:5
双子かわいいよ双子。2種類のとまっちゃんが聴けるなんて戸松ファンからしたら最高ですし、特に姉のほうの演技は中々周りの評判も良くてうれしい限り。本格登場が6話からということでレギュラー陣では一番遅く他作品よりも期待薄だったのがひっくり返りました。とりあえず、双子かわいいんですって。

画:4
実に良い作画を安定させていました。ここ何年か流行り?の「びっくりするような動き」は無いものの、安定感という点では高得点をあげて差し支えないかと。

演出:4
流行りの描き方じゃないような感じですが、それが逆に良かったんでしょうね。他作品とは何か違う面白さがありました。

音楽:4
OPが中々いい感じ。後は要所要所の「猫ソング」も好きでした。

総合的な評価:4
なまじ「けんぷファー」の後だけに変なプレッシャーが見る方にもあった感じですが…最終的には綺麗にまとまっていたと思います。是非2期を見てみたい作品の1つです。

合計:25


■聖剣の刀鍛冶(評価:B)
キッカケは豊崎さん。スフィアの4人がメインで出てるアニメは出来るだけ見るようにしています。

ストーリー:3
とりあえず、終わり方だけが不満。最終回まで放送話数を調べておらず1クールで終わるのか2クールで終わるのか分かってなかったので、突然ぶった斬られた感じが拭えませんでした。ああいう終わり方をするなら、中盤にもっとやりようがあったのでは。でも前半のストーリーは実に良かったので、2期がちゃんとあるなら印象が変わるかもしれません。

キャラクター性:4
メイン4人が全員良い味を出してたんじゃないかな、と。メインキャラクターの数は少ないけれど、少数精鋭で頑張った感じ。

画:4
特に大きな問題も無かったと思います。

演出:3
豊崎さん可愛すぎ。というのは贔屓してるわけでも無く、同じ感想を持った方は結構いるんじゃないでしょうか。戦闘シーンに関してはファンタジー性がありすぎて好みが分かれるかもしれません。

音楽:4
ED曲大好きですよ。ただシリアスな引きからいきなりあの歌になるギャップも凄いものがありましたが…wもちろんOPもカッコ良くできていたし、中々高得点をあげたいですね。

総合的な評価:4
何を言っても最終回が…それだけを引っ張るのもアレですけど、それだけ最終回の比重は大きいと言うことですね。その他の点は全て及第点を上回っていたので惜しい。是非続きを作って、印象を変えて欲しいですね。

合計:22


■アスラクライン2(評価:B)
1期放送中はまだ戸松ファンじゃなかったので(笑)、1話も見ること無くスルーしてましたが…放送時間がちょうど「そらのおとしもの」の前だったので2期から見てるうちに引き込まれ、1期のDVDを全巻借りてきて補完しました。

ストーリー:4
2期はギャグ要素少なめな展開。まぁ二人三脚なんていうのもあったけれどw最終的には「世界を救う」…王道中の王道だけど、こういうの好きですね。ただ中盤は鐵の力を使う事のためらいと葛藤が良く書かれていたんですが、最終的にはそんな設定も無かったことのような。 まぁ、ある程度綺麗に終わったので良かったんじゃじゃないでしょうか。

キャラクター性:4
操緒かわいいよ操緒。というわけで、相変わらず戸松信者ですいません(笑)いや、今までいそうでいなかったとまっちゃんキャラでした。というのは置いておいても、他のキャラクターも魅力的だったんじゃないでしょうか…人数多かったけど。ただ操緒は、本編における重要なファクター…にもかかわらず、あまり大事にされてないような感がまたもの悲しいというか。まぁ戦闘シーンになると設定上出てこれないのでそれも仕方ないかもしれないですが。

画:2
作画は中盤の崩れ具合が酷かったですね。まぁセブン・アークスだし。 リリカルなのはから見てる人間にとっては造作も無いこと…と思ってるのは僕だけでしょうか。終盤は結構持ち直せていたので、かなり痛い汚点でした。

演出:3
ギャグがあまりにベタベタしいのは1期から折り紙付きですが、終盤はもうそんな余裕も無い真面目なストーリー展開だったのでそんな悪い印象は残っていませんね。戦闘の演出も及第点。しかし全体的に時折変なところにブレたり…微妙なシーンがいくつかったのでこの点数です。

音楽:5
「オルタナティヴ」「彼方のdelight」2曲とも作品とマッチした素晴らしいangelaサウンドでした。これはもう流石と言う他に無いですね。いやぁ、これはもっと評価されるべき。

総合的な評価:4
珍しく2クール目から入った作品ですが、なんだかんだ言って楽しんでました。設定等は複雑極まりないし恐らくアニメ化されてない部分もあると思うので原作に目を通したいんですが…ラノベ苦手なんですよね、うーん。

合計:22


■そらのおとしもの(評価:A)
キッカケは高垣さん。思えば日曜日のチバテレビはとまっちゃんのアスラクライン、高垣さんのそらおと、豊崎さんの刀鍛冶…とミュージックレイン3連続でした。

ストーリー:5
最初は(アイテムを使ったりとかの)どうしようもないギャグ作品だと思ってたけど、蓋を開けてみれば非常に重いシリアス…笑いをとってからシリアス展開に持っていくというのは時たま見る手法ですが、しかしストーリーが進んでもギャグ要素はそのままになっていると言うのが印象的。ギャグとシリアス、真逆のベクトルを両極端で上手く融合させた素晴らしい進め方だと思いました。

キャラクター性:4
イカロスとニンフ、2体のエンジェロイドがとても良い味を出していました。それに加えてどこか掴みどころが無い先輩2人がまた良くて…メイン6人、いい感じのキャラクターでしたね。

画:4
描き方は非常に良かったですね。デザインが個人的趣味からはちょっとズレていたんだけれども、それでも良い作画と思えたことは非常に綺麗にまとまっていたということで。

演出:4
ギャグのやり方も極めていた感じで。そして逆側のシリアスの魅せ方も非常に素晴らしい。ストーリーにも言えるけど、この両極端の融合が成功したアニメなんじゃないかと思うのです。個人的には文化祭で「新世界より」をやった時にはやられたなぁ、と思いました。

音楽:4
毎週違うED…まとまりは無いけれど、「本編の続き」見たいで楽しく見れました。

総合的な評価:4
いやぁ、本当に綺麗に仕上がった作品ですね…しかしここまで最初の印象と見終わった感想が180度ひっくり返ってるアニメも珍しいもので。

合計:25


■WHITE ALBUM(評価:B)
1期から続けての視聴。アスラクラインと同じセブン・アークスだけど、こっちは2クール分間が開いてたんですね。

ストーリー:3
最後までどう終わるかわかりませんでした。って書くと面白そうに見える罠。実際、ギャルゲ原作にありがちな「○○ルート」的な展開は取ってない…のかな?色んな意味で色々混ざってました。でも何が描きたかったのか分からないと言われても仕方ないかな…なんて印象。

キャラクター性:3
マナちゃんがかわいい。というわけで今期3回目の戸松キャラ推しでホントすいません。1期は緒方理奈@奈々様ばかり見てたけど人の趣向は変わるもんだ。理奈→マナとイチオシが変って行く様は、今年の僕の流れのようで。

画:3
まぁセブン・アー…お?見たいな感じの出来でした。とりあえず動かないアニメなので安定はしていたんじゃないかと思います。画で魅せることには成らなかったけど、足を引っ張りはしなかった。そんな評価。

演出:4
このアニメ、キャラクターが心で思っている事はセリフには出てこないんですよね…だからちょっと難解なんですが、それを解く鍵が時たま冬弥の周りに出ていたフキダシのような台詞。最初は良くわからなかったけど、終わってみてあれが重要だったんじゃないかと思うようになってきました。声優さんの演技も中々凄いものがありました。まぁ画やストーリーでインパクトが無い分、ここで稼がないとダメですからね。

音楽:4
言うまでもなく「夢幻」は良い曲ですよ。EDや挿入歌も合っていました。曲がりなりにも題材がアイドルである以上ここはしっかりしないとならないですからね。1期だから直接は関係ないけど、「深愛」もこのアニメが無ければ生まれなかったわけで…そんな曲があの紅白で歌われたんだから偉大っちゃー偉大。しかしホワルバが無かったら何を歌っていたんですかね。

総合的な評価:3
内容も難しければ評価も難しい、そんなアニメでした。多分しっかり考察してこそ映えるアニメだったんじゃないかと今更思っています。誰かがまとめていたら見てみたいですね。いやしかし、PS3はどうなった?

合計:20


■うみねこのなく頃に(評価:C)

キッカケが特に無い。なんで見てるのかわからない…けど惰性で見てしまった、そんな作品でした。

ストーリー:3
序盤の展開はサスペンスじみていて割りと好きだったんですが、それがどうしてこうなった(笑)。原作やらないとわからないよ、とは良く言われますけど…アニメとしてそれで良かったんだろうか?

キャラクター性:2
これといった魅力も無く、ちょっと首をかしげたい評価ですね。展開上ほとんど出番が無いまま終わったキャラもいっぱいいましたし。ただ七姉妹はちょっと好きだったかもしれない。

画:4
相変わらずスタジオディーンはきっちりといい仕事をしますね。あのモザイク描写が良かったかどうかは賛否両論あるかもしれませんが、とりあえず話題にはなったんじゃないでしょうか。

演出:2
赤文字のくだりは面白そうだったんですが…結局生かされてないままわけもわからず終わった感じが。とりあえずどこかで補完しないと全然わからない、そんな感想です。

音楽:3
OPは結構評価高そう。個人的にはこれといって興味に触れる部分も無かったので及第点。

総合的な評価:3
結局なんだったんだ?なイメージが真っ先に残ります。多分原作をやっている人と全くノータッチな人で評価がバラバラになるんでしょうが…こればっかりは集計されてからのを見た方が良さそうです。

合計:18


■合計点まとめ
25点:にゃんこい!
25点:そらのおとしもの
24点:NEEDLESS
22点:アスラクライン2
22点:聖剣の刀鍛冶
20点:WHITE ALBUM
18点:うみねこのなく頃に
14点:けんぷファー


■ベストキャラクター賞
水無神操緒 (アスラクライン2)
操緒と実に迷った結果、にゃんこい!の双子の姉のほうに。って書こうとしたけどごめんやっぱり操緒ですわ。ああいうキャラクターは他にいないし、なんとも言えない魅力があるんですよねぇ…

■ベストOP賞
modern strange cowboy / GRANRODEO (NEEDLESS)
ここはすんなり決まりました。いやぁ最近のグラロデはかなり良い曲を出してますよ。後は良いタイアップが取れれば人気も急上昇なんでしょうけどね。次点でangelaの「オルタナティヴ」を挙げたいです。

■ベストED賞
彼方のdelight / angela (アスラクライン2)
OP賞をグラロデに譲ったのでこっちをangelaに。声優やキャラソンが売れているこの時代、一定の売上を保てるアニソンアーティストはそう多くないですしね。是非頑張ってもらいたいものです。

■ベスト声優賞・男性
浅沼晋太郎 (にゃんこい!)
男性声優は役が被ることがあまりないので1キャラでしか評価できないのが難しい。というわけで今回は浅沼さんに。スフィアの舞台の脚本だったりとかもうマルチすぎて良く分からない人ですがw

■ベスト声優賞・女性
戸松遥
 (アスラクライン2・にゃんこい!・WHITE ALBUM)
なんかホントごめんなさい。いや、流石に2回連続になるしとまっちゃんは外そうとしたんですが…やっぱり今期のアニメ(主にキャラクター)を見ると大体真っ先に出てくるのは戸松キャラですし。目立った新鋭も見つけられなかったので…来期は出演作がほとんど無さそうだから3連続は無いはずです。多分。


終わったー!いや、時間かかりました…
やっぱり全部の項目に触れるとなると色々考えますし、感想を捻り出さないといけない場面も多々。個人的な感想なのでおかしい部分も多々あると思いますが、まぁ結果とのズレはまた集計が終わってから見てみたいですね。

しかし今期は1クールモノが多かったですね。それだけに尺の問題に悩まされた作品も多かったかも。んでもって継続が「レールガン」だけなんで、今年からはほぼ完全に入れ替わる形でまたアニメを見ていきたいところです。

それではピッコロさん、集計よろしくお願いします。
[ 2010/01/05 01:28 ] アニメ | TB(1) | CM(2)
No title
こんにちは、いつもTB等でお世話になっています。ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人の管理人のピッコロでございます。

今回もお忙しい中、アニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。早速集計に加えさせて頂きますね。

なお中間集計結果の発表は、1月27日(水)夜11時から放送のネットラジオで行う予定ですので、お時間がございましたら聴いて頂ければと思います。

それでは改めまして、どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


PS 私の評価企画の分析記事を書いて頂きありがとうございました。大変興味深く読ませて頂きました。
[ 2010/01/12 09:24 ] [ 編集 ]
Re: No title
>>ピッコロさん

コメントありがとうございます。
話毎に感想を書いてないうちのブログにとって、評価企画はアニメを評価するいい機会になっていますよ~。

集計はかなり大変かと思いますが…中間結果の発表、楽しみにしています。
[ 2010/01/20 12:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

(アニメ企画)「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?7」。
今回もピッコロさんの企画「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?7」。に参加させてもらいましたw
プロフィール

AILE(エール)

Author:AILE(エール)
アニメ・声優系の記事をメインに適当に書いてます。その他F1やアイドルなんかの話題も。

岡田奈々関連分家

AKB48関連ファンです。アニメや声優系のライブイベントもわりと好物です。

コメント・リンクはご自由にどうぞ。相互リンクも募集中。

プロフィール
イベント参加リスト
劇場公演参加リスト

カウンター
累計の閲覧者数:
現在の閲覧者数:
count since 09/05/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
833位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アイドル
411位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
ページランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。